FC2ブログ
温泉電気鉄道 -空想の旅へ- 業務日誌 ホーム » 上田交通 真田傍陽線 »廃線跡探訪④-18(1) 上田交通 真田傍陽線 伊勢山~殿城口駅間 伊勢山隋道跡

廃線跡探訪④-18(1) 上田交通 真田傍陽線 伊勢山~殿城口駅間 伊勢山隋道跡   

伊勢山駅を出るとすぐに伊勢山隋道(トンネル)に入ります。

k_sanada_18-1_iseyama_zuidou_01.jpg
上田交通 真田傍陽線 伊勢山隋道跡

鉄道廃線後は気温・湿度が一定な隋道を利用してきのこの栽培を行っているそうです。

伊勢山隋道は真田傍陽線でも難工事のひとつで、
伊勢山隋道を抜けてすぐの神川第一鉄橋とともに
開業予定日には工事が完了せず
伊勢山駅を暫定的な終点として昭和2(1927)年11月20日に開業しました。

k_sanada_18-1_iseyama_zuidou_02.jpg
敗戦後も利用されていることもあり、隋道は当時のままの姿を留めています。

k_sanada_18-1_iseyama_zuidou_03.jpg
隧道内へと続く軌道。真田傍陽線のものか、廃線後にトロッコ等をひいたものでしょうか。

k_sanada_18-1_iseyama_zuidou_04.jpg
軌道跡脇に残る石積み。

k_sanada_18-1_iseyama_zuidou_05.jpg
架線柱の基礎が残っています。

(掲載写真は年月日撮影)


 
スポンサーサイト



category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

▲ Pagetop