FC2ブログ
温泉電気鉄道 -空想の旅へ- 業務日誌 ホーム » 上田交通 真田傍陽線 »廃線跡探訪④-7 上田交通 真田傍陽線 上田花園駅跡

廃線跡探訪④-7 上田交通 真田傍陽線 上田花園駅跡  

北へ向かっていた鉄路がほぼ真東に方向転換する
右カーブの中程ににあったのが上田花園駅です。

k_sanada_08_hanazono_01.jpg
上田交通 真田傍陽線 上田花園駅跡

待合室のある無人駅で、平成28(2016)年現在、銀行の敷地となっています。
戦後、国立療養所(現・信州上田医療センター)の最寄駅として賑わいました。

昭和2(1927)年11月20日 上田温泉電軌 菅平鹿沢線 開業に伴い上田花園駅開業
昭和44(1972)年2月19日 上田交通 真田傍陽線 廃線に伴い当駅廃止

k_sanada_08_hanazono_02.jpg
当駅跡の南西、上田郵便局の東側に細長いビルがあります。
このビルは北大手側から当駅へ向かう線路敷に沿って湾曲した特殊な形で、
廃線跡が良くわかるランドマークとなっています。

(掲載写真は平成24年10月21日撮影)


スポンサーサイト



category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

▲ Pagetop