FC2ブログ
温泉電気鉄道 -空想の旅へ- 業務日誌 ホーム » 上田交通 真田傍陽線 »廃線跡探訪④-2(1) 上田交通 真田傍陽線 電鉄上田~公園前駅間 線路敷跡

廃線跡探訪④-2(1) 上田交通 真田傍陽線 電鉄上田~公園前駅間 線路敷跡  

電鉄上田を出た電車は、現在の新幹線高架下を北西に進みます。
線路敷跡は平成28(2016)年現在駐車場となっています。

駐車場の西側はしなの鉄道線(旧・信越本線)の線路敷となっており、
東側は段下に住宅や店舗が建ち並んでいますが、
この東側の擁壁は真田傍陽線の営業当時からのもので、
架線柱の基礎や、用途不明ながら金具などが現在も残されています。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_01.jpg
駅から直接アクセスできる便利な駐車場となっています。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_02.jpg
駅側から見て右手(東側)に、このような架線柱の基礎が残っています。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_03.jpg
大小様々なコンクリート塊を見ることが出来ます。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_04.jpg
架線柱の基礎。ペイントも鉄道関連のものでしょうか?

k_sanada_02_ueda-kouenmae_05.jpg
こちらも架線柱の基礎です。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_06.jpg
擁壁から伸びる鉤状の金属棒が見えます。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_07.jpg
こちらも、金属製の棒が伸びています。
(この金具の詳細をご存じの方は是非ご教示ください。)

k_sanada_02_ueda-kouenmae_08.jpg
国道143号線を越えると、途端に鉄道の痕跡が消えてしまいます。
(掲載写真は平成26年6月26日撮影)

スポンサーサイト



category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

▲ Pagetop