FC2ブログ
温泉電気鉄道 -空想の旅へ- 業務日誌 ホーム » 国鉄/JR »秘密の長野県民ショー!! 七五三はまず駅へ!?

秘密の長野県民ショー!! 七五三はまず駅へ!?  

先日、第二子となる女の子が誕生致しました。
その十日後に、第一子 息子の三歳の誕生日がまいりましたので、
長野県民、とりわけ鉄道好きには外せないイベントを敢行致しました。

妻は下の子とお留守番ですので、父と息子の二人きりの小さな”男旅”です。
妻の実家の最寄駅である、しなの鉄道 信濃国分寺駅から出発します。

blog_import_540d670eb714b.jpg
しなの鉄道 信濃国分寺駅

長野まで115系1000番台 しなの鉄道色(通称「あかいでんしゃ」)に揺られます。

blog_import_540d670faf823.jpg
しなの鉄道 115系1000番台 長野駅にて

途中、戸倉駅の側線に169系(湘南色)と115系1000番台が留置されており、
「きゅうこうでんしゃ と あかいでんしゃ がれんけつしてる!!」と息子は大興奮!!

長野駅に到着し、周りにはいつもは観る事のできない車輛が沢山います。

blog_import_540d6710d7451.jpg
JR東日本 189系 快速妙高号 長野駅にて

blog_import_540d671214c73.jpg
JR東日本 キハ110系 飯山線 長野駅にて

blog_import_540d671344cca.jpg
JR東海 383系 特急しなの号 長野駅にて

blog_import_540d67146d8ab.jpg
JR東海 313系 快速みすず号 長野駅にて

色々な電車を堪能したところで、
見慣れた「あおいでんしゃ」こと 115系1000番台(信州色)の
信越線 直江津行に乗り込みます。
長野から2駅先が今回の目的地。そう、今日は駅そのものが目的地なのです。

blog_import_540d67158c0a4.jpg
JR東日本 信越線 三才駅

ここは長野県民のみならず、お隣の新潟をはじめ、
遠方からわざわざ来る方もいらっしゃるという「三歳児の聖地」なのです!!

blog_import_540d67167abb6.jpg

同じ電車で降りた方もお子さん連れが多かったです。
まずはホームにある「駅名板」の前で記念撮影。

blog_import_540d6717885ae.jpg
三才駅 駅名板 (ホーム)

次に、改札を出て駅舎の前に設置された記念撮影用の駅名板で記念撮影です。
地元ボランティアの方が「ボク、三才かい?帽子かぶるかい?」と声を掛けてくださいました。
ここでは記念撮影用にJR駅員の制帽を無料でレンタルしてくれるのです。
帽子は「男の子用」と「女の子用」が用意されています。
実は我が息子、何故か帽子はお気に入りの「麦わら帽子」しかかぶらない為、
「駅員さんの帽子」をかぶってくれるか心配をしていたのですが、
心配していた通り「かぶるのヤダ!」と断固拒否。
仕方がないので、帽子を小脇に抱えての撮影となりました…。

blog_import_540d671885075.jpg
三才駅 駅名板 (駅前記念撮影用)

また、三才駅記念入場券を購入しました。

blog_import_540d67199bb98.jpg

blog_import_540d671a9b947.jpg
三才駅記念入場券(台紙付)

駅のすぐそばにある「西三才神社」にお参りして、

blog_import_540d671ba1975.jpg
西三才神社 三才駅から徒歩二分程度です。

駅に戻って、とにかく写真を撮りまくります。(年賀状用にw)
息子が愚図り始めたので、こんな事もあろうかと職場の近所のパン屋で調達した
「アンパンマン」の形をしたパン(中身は何故かクリームw)を与えてなだめます。
そうこうしていると、帰りの列車が到着。
今度はキハ110形です。なかなか乗る機会が無いので、息子も喜んでいました。
長野でしなの鉄道直通に乗換え、信濃国分寺駅へ無事帰還。
さすがに疲れたのか、しなの鉄道に乗った途端、息子は爆睡しておりました。

すやすや寝ている息子へ…
三歳の誕生日おめでとう。
おとうちゃんのわがまま旅に付き合わせてごめんねw


ご紹介した車輛の模型はこちら↓








スポンサーサイト



category: 国鉄/JR

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ondenblog.blog.fc2.com/tb.php/109-d1101c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

▲ Pagetop