FC2ブログ
温泉電気鉄道 -空想の旅へ- 業務日誌 ホーム »2016年12月
2016年12月の記事一覧

廃線跡探訪 20-01-04-13 上田交通 真田傍陽線 神科駅跡  

前述のとおり川原柳駅以北の路線は国道144号線(上州街道)と並行しており、
神科駅も降りると目の前はすぐ国道という立地だったそうです。
駅舎は北上田駅や傍陽駅に似たモダンなものでした。

sanada__kamishina_sta_01.jpg
上田交通 真田傍陽線 神科駅跡

上信越自動車道 上田菅平I.C.が建設されたことにより、
付近に駅跡・廃線跡の痕跡を見ることはできません。

k_sanada_13_kamisina_02.jpg
上田交通 真田傍陽線 神科駅 駅名板(上田電鉄 下之郷駅 資料館蔵)

この神科駅を出ると路線は国道144号から離れ、
東方向に伸びていきます。

昭和2(1927)年11月20日 当駅設置
昭和47(1972)年2月19日 真田傍陽線廃止に伴い当駅廃止

(掲載写真は平成年月日撮影)


 

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪 20-01-04-12-03 上田交通 真田傍陽線 川原柳~神科駅間 線路敷跡  

未舗装の農道を抜けると、2車線の立派な舗装路が現れます。

k_sanada_12-3_kawarayagi-kamisina_01.jpg
k_sanada_12-3_kawarayagi-kamisina_02.jpg
上田交通 真田傍陽線 川原柳~神科駅間 線路敷跡



しばらく真っ直ぐと続いた後、道路は国道144号線と合流するため真東にカーブします。
線路敷跡は直進していたと思われるため、遺構は一旦途切れます。

そこから真っ直ぐに辿ると、少し離れたところで路地として再び現れます。

haisen_sanada_kawarayagi-kamishina_01_tsuika.jpg
haisen_sanada_kawarayagi-kamishina_02_tsuika.jpg
道路への接続部は駐車場になっていますが、
haisen_sanada_kawarayagi-kamishina_03_tsuika.jpg
管理が上田交通㈱不動産部となっていて判り易いです。

haisen_sanada_kawarayagi-kamishina_04_tsuika.jpg
haisen_sanada_kawarayagi-kamishina_05_tsuika.jpg
北側の側壁が黄色く塗られていますが…
まさか踏切の名残…ではありませんよね。(笑)



k_sanada_12-4_kawarayagi-kamisina_01.jpg
さらに少し離れて未舗装路があります。



k_sanada_12-4_kawarayagi-kamisina_02.jpg
k_sanada_12-4_kawarayagi-kamisina_03.jpg
この周辺は上信越自動車道 上田菅平I.Cが建設され、
真田傍陽線が走っていた当時の面影はほとんど残っていません。



(掲載写真は平成26年10月24日撮影)
 

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪 20-01-04-12-02 上田交通 真田傍陽線 川原柳~神科駅間 線路敷跡  

「三葉製作所」の敷地と並行している部分は道路が舗装されていますが、
三葉製作所の敷地が途切れると、その先は農地が広がっており未舗装となります。

k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_01.jpg
k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_02.jpg
k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_08.jpg
k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_11.jpg
上田交通 真田傍陽線 川原柳~神科駅間 線路敷跡

農地であったことが幸いして(?)か、
未舗装部分には多数の鉄道遺構が確認できます。

k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_03.jpg
農地には似つかわしくない砂利石が多数見えます。
路盤に敷いていたバラストでしょうか?

k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_05.jpg
同規格の角材が多数確認できます。枕木でしょうか?

k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_06.jpg
k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_07.jpg
k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_09.jpg
k_sanada_12-2_kawarayagi-kamisina_10.jpg
線路敷跡を辿ると、北側に多数の架線柱の基礎が残っています。

路線はまだまだ真っ直ぐに北東方向を目指します。
開業当時の「北東線」の名称も頷けます。

(掲載写真は平成24年3月28日撮影)


 

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪 20-01-04-12-01 上田交通 真田傍陽線 川原柳~神科駅間 線路敷跡  

川原柳駅を出発した電車は、隣接する「三葉製作所」の脇を抜けていきます。
前後の位置関係から見ても、線路敷跡は現在道路となっている部分と思われます。

k_sanada_12-1_kawarayagi-kamisina_01.jpg
k_sanada_12-1_kawarayagi-kamisina_02.jpg
上田交通 真田傍陽線 川原柳~神科駅間 線路敷跡

路線は北東方向にほぼ真っ直ぐに伸びています。

(掲載写真は平成24年3月28日撮影)


 

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪 20-01-04-11 上田交通 真田傍陽線 川原柳駅跡  

北上田駅から東南方向に真っ直ぐ伸びてきた路線は
川原柳(かわらやぎ)駅に到着すると北東方向に進路を変えます。

k_sanada_11_kawarayagi_01.jpg
k_sanada_11_kawarayagi_02.jpg
上田交通 真田傍陽線 川原柳駅跡

k_sanada_11_kawarayagi_03.jpg
駅跡は現在バス停となっていますが、名称が「上川原柳」となっています。

この川原柳駅は2面2線のホームを持つ市街地唯一の交換駅で、
駅舎はハイヤーの事務所を兼ねていたといいます。
北東(真田傍陽)方面からみると上田市街地への入口となる場所であり、
市街地への通勤通学客や、丸子線の上田東駅・染谷駅への乗換駅としても
利用されたため、大変賑わっていたといいます。

駅跡となった現在も目の前にある「三葉製作所」は、
同線のクハ251形を改造し、モハ4257号に電車化した企業でもあります。

真田線は当駅から終点真田駅まで国道144号線と路線が並行していましたが、
昭和42(1967)年に国道144号線バイパスが当駅の目の前に開通すると、
真田方面への自動車交通の便が飛躍的に改善され、
真田傍陽線廃線の大きな要因となったと言われています。

「川原柳」という地名は、
江戸時代に上田藩を治めた仙石氏が上田城再建のため
瓦職人を多く住まわせた町であったため「瓦焼(かわらやき)」が
転じて「川原柳(かわらやぎ)」となったとする説があります。

昭和2(1927)年11月20日 上田温泉電軌 菅平鹿沢線 開業に伴い川原柳駅開業
昭和47(1972)年2月19日 真田傍陽線廃止に伴い当駅廃止

(掲載写真は平成26年10月24日撮影)


 

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

TOMYTEC製 上田電鉄6000形 「さなだどりーむ号」 2輌セット 入線  

先日発売されたTOMYTEC製 鉄道コレクション
上田電鉄6000系 「さなだどりーむ号」 2輌セットが
我が社にも入線致しました。

ueda_6000.jpg
TOMYEC製 鉄道コレクション 上田電鉄6000系 「さなだどりーむ号」

メーカー指定の動力ユニット・金属車輪パーツも同時入手しておりますので、
早めにN化して、試運転してみたいものです。
(パンタグラフは予約時に在庫が無かったので、手持ちパーツを漁ってみようと思います。)
 

category: N(上田電鉄)

tb: --   cm: 0

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

▲ Pagetop