FC2ブログ
温泉電気鉄道 -空想の旅へ- 業務日誌 ホーム »2016年06月
2016年06月の記事一覧

廃線跡探訪④-2(2) 上田交通 真田傍陽線 電鉄上田~公園前駅間 線路敷跡  

電鉄上田駅から現在の新幹線の高架下を北西に進んできた線路は
本屋(平安堂上田店)の南側で北東方向に大きく曲がります。

この場所は平成28(2016)年現在上田交通㈱所有の駐車場となっており、
カーブした線路敷跡をそのまま転用していますので
当時の面影が色濃く残っています。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_09.jpg
電鉄上田側から公園前駅方面を望む
k_sanada_02_ueda-kouenmae_10.jpg
同じ地点を逆側から。高架上を行くのは現在は定期運用を外れたE2系「あさま」。



進路を北東に変えた路線は上田城の二の丸堀をまっすぐ進みます。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_11.jpg
道路を横切って線路敷を利用した駐車場は続きます。
k_sanada_02_ueda-kouenmae_12.jpg
この駐車場は平成28(2016)年現在も上田交通㈱が所有しています。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_13.jpg
道路の北側は真っ直ぐな線路敷跡が残っています。
k_sanada_02_ueda-kouenmae_14.jpg
鉄路は途中から上田城の二の丸堀跡を進みます。
お堀の中程にひとつ目の停車駅が見えてきます。

(掲載写真は平成20年7月26日撮影)


category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪④-2(1) 上田交通 真田傍陽線 電鉄上田~公園前駅間 線路敷跡  

電鉄上田を出た電車は、現在の新幹線高架下を北西に進みます。
線路敷跡は平成28(2016)年現在駐車場となっています。

駐車場の西側はしなの鉄道線(旧・信越本線)の線路敷となっており、
東側は段下に住宅や店舗が建ち並んでいますが、
この東側の擁壁は真田傍陽線の営業当時からのもので、
架線柱の基礎や、用途不明ながら金具などが現在も残されています。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_01.jpg
駅から直接アクセスできる便利な駐車場となっています。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_02.jpg
駅側から見て右手(東側)に、このような架線柱の基礎が残っています。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_03.jpg
大小様々なコンクリート塊を見ることが出来ます。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_04.jpg
架線柱の基礎。ペイントも鉄道関連のものでしょうか?

k_sanada_02_ueda-kouenmae_05.jpg
こちらも架線柱の基礎です。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_06.jpg
擁壁から伸びる鉤状の金属棒が見えます。

k_sanada_02_ueda-kouenmae_07.jpg
こちらも、金属製の棒が伸びています。
(この金具の詳細をご存じの方は是非ご教示ください。)

k_sanada_02_ueda-kouenmae_08.jpg
国道143号線を越えると、途端に鉄道の痕跡が消えてしまいます。
(掲載写真は平成26年6月26日撮影)

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪④-1 上田交通 真田傍陽線 電鉄上田駅  

NHK大河ドラマ「真田丸」が放映されるのにあわせて
公開しようとあたためていた(?)当路線ですが、
気付けば半年が経とうとしております…(汗)

ようやく重い腰を上げて、公開することとします。

真田氏の信濃国の本拠地 上田と発祥の地 真田の郷を結ぶ、
上田交通 真田傍陽線 電鉄上田駅跡です。

k_sanada_01_dentetsuueda_01.jpg
上田交通 真田傍陽線 電鉄上田駅跡
現在跡地は上田東急REIホテルが運営する長期滞在型「ホテル上田ステイ」となっています。

昭和 2(1927)年11月20日 北東上田~伊勢山駅間に 上田温泉電軌 北東線 開業
昭和14(1939)年 3月19日 北東線を軌道法による軌道から地方鉄道法による鉄道に変更し、
             路線名称を菅平鹿沢線に改称
昭和14(1939)年 8月30日 上田温泉電軌から上田電鉄に改称
昭和18(1943)年10月21日 丸子鉄道との合併により上田丸子電鉄が発足
昭和30(1955)年 8月 8日 北東上田駅に新駅舎を建設。国鉄と共有していた改札が独立。
             駅名を電鉄上田駅に改称
昭和35(1960)年 4月 1日 路線名称を真田傍陽線に改称
昭和44(1969)年 5月31日 社名を上田交通に変更
昭和47(1972)年 2月19日 真田傍陽線 廃止により電鉄上田駅を廃止
昭和48(1973)年10月 7日 電鉄上田駅跡地に、上田交通の子会社である上交開発(現:上田東急REIホテル)が、
             「東急イン」ブランドの第1号店となる「上田東急イン」を開業
平成10(1998)年 3月 日 上田東急インが上田駅温泉口に新築移転したのに伴い、旧上田東急インビルを改装し、
            長期滞在型「ホテル上田ステイ」を開業

(掲載写真は平成26年12月24日撮影)

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

▲ Pagetop