FC2ブログ
温泉電気鉄道 -空想の旅へ- 業務日誌 ホーム »2016年01月
2016年01月の記事一覧

温泉電気鉄道 本線 駅セクション④ 木造跨線橋位置調整   

仮設置したホームに木造跨線橋をあわせてみましたが、
若干違和感が…。

layout_station_009.jpg
跨線橋の右側の屋根に隙間が開いています。

layout_station_010.jpg
測ってみるとちょうど1cm位です。

layout_station_011.jpg
跨線橋の庇が引っ掛かっているようなので、
ホーム屋根の爪を右側1cmのところまで切り取ります。
上:加工前 ・ 下:加工後 です。

layout_station_012.jpg
屋根の開口部にピッタリと収まりました。
 
スポンサーサイト



category: N(運転設備・保線等)

tb: --   cm: 0

温泉電気鉄道 本線 駅セクション③ 島式ホーム仮設置  

モジュールレイアウト 駅セクションにTOMIX製 島式ホーム(近代型)を仮設置してみました。

構内に電動両渡りポイントを設置したため、
モーター部分がホームと干渉してしまいます。
layout_station_005.jpg
干渉部分を切断することにします。

layout_station_006.jpg
切断を終えたホーム。
綺麗に出来たと思ったんですが、写真で見ると粗が目立ちます。
まぁ、あまり目に触れる部分ではないので良しとします。

layout_station_007.jpg
モーター部分が綺麗に収まりました。

ホームを設置して、だいぶ雰囲気が出てきたので
設置予定の木造跨線橋を合わせてみました。
layout_station_008.jpg
なかなかいい感じ…ですが、新たな課題も浮き彫りに。こちらはまた次回。
 

category: N(運転設備・保線等)

tb: --   cm: 0

温泉電気鉄道 本線 駅セクション② 電動転轍機配線  

駅セクションのポイントレールの配線を
レイアウトボードの下面へ導く工事を行いました。

layout_station_001.jpg
ポイントのモーター部の脇に、三つ目錐で穴を開けていきます。

layout_station_002.jpg
綺麗に穴が開きました。
この錐、100均で調達したMade in Chinaでしたが、
センターがまったく出ておらず、真っ直ぐに穴を開けるのが至難の業…。
良い工具を使ったほうが楽で美しく仕上がりますね。

layout_station_003.jpg
その穴に、これまた100均で調達したストローを差し込んでいきます。

layout_station_004.jpg
ストローに配線を通して完成です。
バラスト撒きの時にはストローを持ち上げて、
乾いてからストローを埋め込むと綺麗に仕上がる…はずです…。
 

category: N(運転設備・保線等)

tb: --   cm: 0

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

▲ Pagetop