FC2ブログ
温泉電気鉄道 -空想の旅へ- 業務日誌 ホーム »2012年03月
2012年03月の記事一覧

ありがとう!長野電鉄屋代線 SBCろくちゃん号 撮影記  

平成24年3月24日(土)。

90周年を迎え、今月末で廃線が決定した長野電鉄屋代線を
廃線と時を同じくして引退することとなっている
同社の古豪、唯一のオリジナル車輌である2000形の特別列車が運行しました。
信越放送(SBC)主催のイベント列車「ろくちゃん号」です。

先日、偶然にも同列車の回送に出逢ってから、どうしても気になっていたので、
乗車することは叶いませんが、その姿を観に行ってきました。

いつものとおり(笑)須坂駅へ向かい、駅員さんに臨時列車の到着時刻を聞きます。
列車の到着をホームの湯田中寄りで待って、写真を一枚。

blog_import_540d6805175e3.jpg
長野電鉄2000形 D編成 団体臨時列車「ろくちゃん号」 須坂駅にて

同列車は須坂駅に停車後、車内でコカリナ等の演奏をはじめとしたイベントを行い、
40分近く停車しており、その間存分に写真に収める事ができました。

blog_import_540d680657b97.jpg
blog_import_540d6807721fa.jpg
屋代側先頭部 SBCのマスコットキャラクタ「ろくちゃん」をあしらったオリジナルヘッドマークを装着。

blog_import_540d68086d3f1.jpg
blog_import_540d6809853b9.jpg
湯田中側先頭部 両端で異なるヘッドマークを装着していた。こちらは「さようならD編成」ヴァージョン。

blog_import_540d680a76a83.jpg
駅を出て、隣接する駐車場より一枚。

その後、綿内駅そばにある、妻の母の実家の菩提寺である「善法寺」に立ち寄りました。
blog_import_540d680ba8dff.jpg

お墓参りをして、物販等を行っていると情報を得た「松代駅」へ移動。

「ろくちゃん号」の姿を再度撮影。

blog_import_540d680ca9d7b.jpg
松代駅に停車中の「ろくちゃん号」。

blog_import_540d680de77d3.jpg
松代駅を発って、屋代へ向かう「ろくちゃん号」。

blog_import_540d680f1498c.jpg
松代駅構内に進入する3600形 L2編成。

blog_import_540d68105a0f6.jpg
松代駅に停車中の3600形 L2編成。

普段の屋代線は、2輌の3500形「O編成」が主に運用されていますが、
廃線が決まり、特に休日は鉄道ファンなどの乗客が急増した為、
3輌の3600形「L編成」がピンチヒッターで運用されているようです。

松代駅のグッズ販売の中で見つけた、「赤い電車」さんのAn・Rail NEXT、
「アオガエル型タイプ電車」シリーズの「上田交通初期形」を勢いで購入。(長電ぢゃないw)
blog_import_540d681177a82.jpg

とても充実した一日となりました。


ご紹介した車輛の模型はこちら↓


スポンサーサイト



category: 長野電鉄

tb: 0   cm: 0

長野電鉄屋代線 関崎隋道  

平成24年3月20日(火・祝)。
妻がお出掛けするとの事で、息子のお子守をすることとなり、
家の中に居ても子供のストレスが溜まるだけなので、お出掛けすることにしました。

行き先は… もちろん屋代線!(爆w)
昨日、全線乗車して沿線をチェックしましたので(汗)、行き先に目星は付けてあり、
迷わず「関崎隋道」へ。
blog_import_540d681504455.jpg
長野電鉄屋代線「関崎隋道」(信濃川田~大室 間)

現地に着いて、息子と「電車来るかな~?」と待っておりますと、
息子が「おかぁちゃんは?おかぁちゃんがいい!!」とグズリ出しw
必死に「電車来るよ!トンネルから電車来るよ!」とあやします…。
「電車の写真撮ったら、ラーメン食べに行く。」との折衷案でなんとか両者妥結し(涙)、
いよいよ電車がやってきました…。
3500形の赤帯が有るか無いかを楽しみに待っておりますと…どっちでもなく…。

!!!!!

なんということでしょう!トンネルから姿を現したのは、
今月末で引退する予定の2000形D編成ではありませんか!
おとぉちゃん、大興奮でシャッターを切り、息子は「ばいば~い。」と手を振り満足そう。
方向幕は「臨時:松代」の標記で、ヘッドマークに「ろくちゃん号」とありましたので、
来週土曜のSBC(信越放送)主催のイベント列車用に移動したのでしょうか?
(「ろくちゃん」は6チャンネルのSBCのふくろうを模したマスコットキャラクター。)
blog_import_540d681678013.jpg
長野電鉄2000形D編成(りんご色) 関崎隋道にて

あまりに興奮する父に「2000形きてよかったね~。」と声を掛けてくれる息子w
そのまま仲良く美味しい味噌ラーメンを食べに行きましたとさ。
めでたしめでたし。


ご紹介した車輛の模型はこちら↓

category: 長野電鉄

tb: 0   cm: 0

長野電鉄屋代線 廃線直前乗車記  

久々の更新です。

今月末で長野電鉄で最も歴史のある路線が姿を消すことが決まっています。
屋代線(開業当時は「河東(かとう)線」)は昨年開業90周年を迎えましたが、
同時に利用客の減少から累積赤字が50億円を突破しており、
設備の老朽化も進んでいたことから、平成24年3月末での廃止が決定しました。

私の妻の両親は同線沿線の出身で、
妻は幼少期に河東線に揺られて祖父母の家に遊びに行った思い出を良く話してくれます。
廃線となる前に屋代線に乗っておこう。
あわせて祖父母のお墓参りに行こうと、平成24年3月19日(月)に休みを取って行って来ました。

私は上田近郊在住ですので「屋代」が一番近いのですが、
自動車を置ける場所を知らないので、駅前に大きな駐車場がある「須坂」に向かいました。

blog_import_540d68212dfab.jpg
須坂駅の路線図兼料金表 下段の屋代線が今月末で廃止となる。

私、一応鉄道好きですので、
「赤字ローカル線でも廃線直前は首都圏の通勤ラッシュ並み。」
であることは何となく知っていましたので、
休みの谷間とはいえわざわざ平日に休みを取ったのです。
…が!

人がいるいる!!
でっかいリュックを背負って、バズーカ砲みたいなカメラを提げた皆さんが!
…というか、皆考える事は同じなんですね。(笑)

須坂駅4番線に入線してきたのは、赤帯とNAGADENロゴを取り払った
“ピュアなマッコウクジラ”3500形でした。

blog_import_540d682235c53.jpg
長野電鉄3500形O6編成 須坂駅にて

妻子と車内に乗り込み、発車を待っている間、
向いのシートに座った2人のおじいさんの会話が聞こえて来ました。
「これ、屋代行きだよなー?」
「凄い人(の数)でたまげるわ。」
「まいんち(毎日)こんな調子だら、無くなんねぇのになぁ。」
………確かに。

他にも発車間際に乗り込もうとしたおばさんが、
運転手さんに「これ、屋代行くやつですよねぇ?」と訪ねてから乗るなど、
地元の人達にとっては「いつもの屋代線」の風景とはかけ離れているようです。

blog_import_540d68233f2ed.jpg
長野電鉄屋代線 廃線を前に混雑する車内

終点屋代まで乗車し、屋代の“味のある”木造駅を堪能して、昼食を摂りました。

blog_import_540d6824465c6.jpg
長野電鉄屋代駅 木造待合室

blog_import_540d682591012.jpg
長野電鉄屋代駅 木造跨線橋

屋代駅前は整備されているものの閑散としており、
学生の通学時間帯以外は人影が見えません。
(屋代は高校が多く、学生が多い街です。)

駅から数百メートル離れた国道18号線には、もの凄い量の車が行き交っています。
嫌でも車社会であることを見せつけられ、屋代線の廃線も仕方が無いと思わされます。
ふと気付くと、自分も須坂まで車で行っていたりしてw

再度屋代線に乗車し、妻の思い出の駅めぐりに出発です。

屋代線が廃線になると決まった直後に一度訪れている「綿内駅」で下車。
実は前回訪れた時にデジカメのバッテリーが切れて、あまり写真を取れなかったので(泣)
今回は行きの車でフル充電にしてから挑みました。(苦笑)

blog_import_540d68268d260.jpg
長野電鉄屋代線 綿内駅

blog_import_540d6827c3974.jpg
沿線にはためく廃線を告げる桃太郎旗

綿内駅から線路沿いに徒歩10分程で妻の父方の実家の菩提寺である称名寺に到着。
妻の記憶と墓石に刻まれた名前を頼りに、無事、妻子とお墓参りできました。

blog_import_540d682901c7a.jpg
水口山 義仲院 称名寺

続いて妻の母方の実家の最寄り駅である「信濃川田駅」へ。
綿内駅に良く似た、木造の味のある駅舎です。

blog_import_540d682a7bd14.jpg
長野電鉄屋代線 信濃川田駅

両駅共に妻の幼少期から変わっていないとの事。
駅舎を写真に収め、先程車窓から見えた“気になるもの”の方へ向かいます。

若穂(須坂)寄に旧型の車輌が4輌程留置されているのが見えたのです。
全て「ぶどう色」に綺麗に再塗装されており、ここで保存されるのかな?とも思いましたが、
ふと、この車輌達にどこかで出あった事がある様な…。
…思い出しました!
小布施駅の構内にある「ながでん電車の広場」に居た4輌だと思います。
ブルーシートに包まれた2輌の正体は想像するしかありませんが、
電気機関車502形とデハニ201形は間違いなく小布施からやってきたと思われます。

blog_import_540d682bb43b7.jpg
502形 電気機関車 信濃川田駅留置線にて

blog_import_540d682d07350.jpg
デハニ201形 信濃川田駅留置線にて

blog_import_540d682e041e6.jpg
形式不明(モハ604形か?) 信濃川田駅留置線にて

blog_import_540d682f3571b.jpg
形式不明(モハ1003形か?) 信濃川田駅留置線にて

廃線イベントか何かで使うのでしょうか?
とってもいいものが見れて大満足でした。
でも、もし駅舎寄の車輌がモハ604形(上田交通クハ271形)だったら…
ブルーシートが取れた姿を是非見たいです!

この後、須坂に戻って帰路に着きました。
廃線まで残り10日余り…。
週末は屋代線行脚になりますかね。


ご紹介した車輛の模型はこちら↓

category: 長野電鉄

tb: 0   cm: 0

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

▲ Pagetop