FC2ブログ
温泉電気鉄道 -空想の旅へ- 業務日誌 ホーム »上田交通 真田傍陽線
カテゴリー「上田交通 真田傍陽線」の記事一覧

廃線跡探訪 20-01-04-32 上田交通 傍陽線 傍陽駅跡  

傍陽線の終点、傍陽駅です。

sanada_29_soehi_sta_01.jpg
上田交通 傍陽線 傍陽駅跡

傍陽駅の周辺には観光地等がなかったためか、
上田からの直通電車はほとんど無く、本原で乗り換えなければなりませんでした。

sanada_29_soehi_sta_02.jpg
貨物扱いがあったため、長いホームと側線をを有していました。
終着駅にふさわしいモダンな駅舎の隣には
農協の巨大な倉庫があり、高原野菜がたくさん貨物列車で出荷されたそうです。

駅舎が平成15(2003)年に解体されてしまった現在でも、
この農協の倉庫は残っていて、駅跡を示すランドマークとなっています。

昭和3(1928)年4月2日 当駅開業
昭和47(1972)年2月19日 真田傍陽線廃止に伴い当駅廃止

(掲載写真は平成26年6月3日撮影)

sanada_29_soehi_sta_03.jpg
上田電鉄 下之郷資料館にある「傍陽」の駅名板 
スポンサーサイト



category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪 20-01-04-31 上田交通 傍陽線 曲尾~傍陽駅間 橋台  

傍陽駅に到着する直前に小川を渡る箇所があります。
ここに架かっていた橋の橋台が残されています。

sanada_28-2_magario-soehi_01.jpg
sanada_28-2_magario-soehi_02.jpg
sanada_28-2_magario-soehi_03.jpg
上田交通 傍陽線 曲尾~傍陽駅間 橋台

(掲載写真は平成26年6月3日撮影)
 

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪 20-01-04-30 上田交通 傍陽線 曲尾駅跡  

曲尾駅は単式1面ホームの無人駅でしたが、立派な待合室があったそうです。

sanada_28_magario_sta_01.jpg
sanada_28_magario_sta_02.jpg
上田交通 傍陽線 横尾駅跡 傍陽方面を望む

sanada_28_magario_sta_03.jpg
上田交通 傍陽線 横尾駅跡 横尾(上田)方面を望む

長野県道35号線と並行して走ってきた傍陽線が
当駅付近で左に大きくカーブし、終点の傍陽駅を目指しました。

sanada_28_magario_sta_04.jpg
現在、駅跡を示す駅名板風の標識が設置されていて、
場所がとても分かり易いです。

昭和3(1928)年4月2日 当駅開業
昭和47(1972)年2月19日 真田傍陽線廃止に伴い当駅廃止

(掲載写真は平成26年6月3日撮影)
 

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪 20-01-04-29 上田交通 傍陽線 横尾駅跡(推定)  

本原駅から分岐した傍陽線の最初の停車駅がこの横尾駅です。

sanada_27_yokoo_sta_01.jpg
上田交通 傍陽線 横尾駅跡(推定) 方面を望む

真田傍陽線の前身、上田温泉電軌北東線の当初の計画では、
本原駅から長野電鉄河東線 松代駅まで接続する予定となっていて、
こちらの傍陽線が本線扱いであったと言われています。
しかし、傍陽より先が峠を越えるため、大工事となることから計画が進まず、
菅平高原開発を進める温電は、真田線を本線としたため、
傍陽線が支線に格下げとなったと言われています。

駅舎を持つ駅員配置駅として開業しましたが、
上田丸子電鉄になってから駅員は無配置となったそうです。

昭和3(1928)年4月2日 当駅開業
昭和47(1972)年2月19日 真田傍陽線廃止に伴い当駅廃止

(掲載写真は平成年月日撮影)
 

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

廃線跡探訪 20-01-04-28 上田交通 傍陽線 本原~横尾駅間 橋台  

本原駅と横尾駅のちょうど中間地点辺りで小川を渡ります。
ここにあった橋の橋台が残されています。

sanada_22-3_motohara-yokoo_01.jpg
sanada_22-3_motohara-yokoo_02.jpg
上田交通 傍陽線 本原~横尾駅間 橋台

(掲載写真は平成26年6月3日撮影)
 

category: 上田交通 真田傍陽線

tb: --   cm: 0

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

▲ Pagetop